プロジェクト紹介

森林性鳥類のモニタリング


さえずり時期のモニタリング


 気候変動により鳥の繁殖時期が変化していることが報告されています。そのうち,マダラヒタキなどでは,繁殖時期と虫の発生時期がずれてしまったことにより,個体数が減少していることが報告されています。日本でもそのようなことが起きているのでしょうか? それを明らかにするために,日本各地の森林にICレコーダーを設置し,さえずり時期のモニタリングを開始しました。

使用している機器


レコーダー
 Olympas Voice-Trekシリーズ
マイク
 オーディオテクニカ AT9904
外部バッテリー
 単1×2個

日の出周辺の3時間と
日没後の1時間をタイマー録音
で記録しています。


東大秩父演習林・信大志賀自然教育園のライブ音源の聞き取り


 ICレコーダーとは別に,東大秩父演習林と富士山中湖,信大志賀自然教育園からライブ配信されている。音源を聞き取って,鳥のさえずりの季節変化,日変化を明らかにする調査も行なっています。繁殖期は4月1日から6月まで毎朝日の出10分前から1時間後まで聞き取りをしています。

     
マイクが設置してある
秩父のブナ林内の鉄塔
 鉄塔上に設置してあるライブマイク

ライブ音源聞き取り調査の参加方法
今年の聞き取り日程


調査の結果(さえずりの季節変化)


2011年から行っているライブ音源の聞き取りから,過去のさえずり頻度の季節変化と今年のさえずり頻度の変化違いが見えます。

2012 ― 2013  2014  2015  2016  2017  で示されています

ダウンロードはこちら



調査の結果(地域間比較)----ICレコーダー


各地に設置したICレコーダーを聞き取ることにより,各地への夏鳥の飛来時期などが見えて来ています。