スタッフ紹介


代表 植田睦之
日本野鳥の会で12年研究員を務めたのち、バードリサーチを立ち上げました。大学生時代にツミの生態研究をはじめたのが最初の研究で(今も継続しています)、その後、希少鳥類の生態調査や渡り鳥の衛星追跡、オオワシの個体群動態の研究、鳥類の分布と生息環境の関係の解析などをしてきました。
好きなものはカツ丼。出張に行くたびに写真をコレクションしています。嫌いなものは「あんこ」の入ったお菓子,メロン,発泡スチロールなど。
バードリサーチでは、皆さんとともに鳥の分布の調査をして、環境の変化の関係の解析をさらに進めるとともに、研究誌の編集をしていきたいと思います。


最近の論文リスト


高木憲太郎
高3の時にカラスの逞しさと奥深さに惹かれて、“動物の行動や生態がどのように進化してきたのか?”ということに興味を持ち、大学院ではハシボソガラスの採食行動を研究しました。その後は、日本野鳥の会に就職し、カワウの保護管理や衛星追跡などの調査に取り組んできました。そして、今年。他の2人と一緒にバードリサーチを立ち上げることにしました。
バードリサーチでは、皆さんの調査のお役に立てる情報を提供し、皆さんと一緒に鳥類の調査研究やその面白さを伝える活動をしていきたいと思います。




加藤ななえ
趣味で始めたバードウォッチング歴は、それなりに長いのですが、テーマを持って本格的に調査研究を始めたのは、1995年夏にカワウの美しさと力強さに魅せられてからです。専門的に鳥類学を勉強してきていません。ただ、ひたすら観察して記録をとり、そこからどんどんわいてくる「なぜ?」を解明すべく、試行錯誤している状態です。
その意味では、私と同じアマチュア研究者の良き理解者となる可能性を秘めていると自認しています。お世話もします。お世話になります。




神山和夫
調査活動から日ごろのバードウオッチングまで、いろいろな機会に野鳥の記録が取られていますが、これらを整理して蓄積していくための方法については、いままであまり取り組みが行われてきませんでした。長年の観察記録が山積みになって整理に困っておられる方は、バードリサーチが提供しているフィールドノートというWebデータベースを使ってみませんか?
データベース開発のほか、ガンカモ調査や、ツバメかんさつ全国ネットワークを担当しています。
ツバメブログというのを書いていますので、お時間があればご覧下さい。




守屋年史
大学での専攻は昆虫だったのですが、学生時代はトカラ列島など南九州で渡り鳥をよく観察していました。大学院の修士課程を修了した後、関西の建設コンサルタント会社に9年間在籍し、主に開発事業で問題となるクマタカ、オオタカ等の影響評価や保全計画の策定などに関わっていました。
自然とうまく折り合って生活するためには、身近な自然への理解と関心が必要なのだと感じています。鳥を観察した時の発見や感動を伝えて、自然への関心を高めてもらえるように活動していきたいと思います。




佐藤望
子供の頃から海外に行くことに憧れを抱いていて、大学時代に自転車でイベリア半島横断に挑戦しました。 そこで出会った鳥たちが日本にいる鳥と少し様子が違うことに気づき、それがきっかけで、大学では鳥類学の研究室に配属しました。 幸運な事に卒業研究から博士号を取るまでの間、大好きな海外で調査・研究をする事ができました。オーストラリアの”Top end”と呼ばれている熱帯地域、ニュージーランド南島の田舎町、ニューカレドニアの海が見える山奥など、これまで様々な調査地でカッコウ類の托卵に関する研究をおこなってきました。
これからは国内で鳥類調査やアウトリーチ活動をしていければと思い、バードリサーチに参加させていただきました。

     


近藤紀子
高校3年の夏にカラスが工事現場で飛んだり跳ねたりしているのを見て以来、カラスに魅了されまくりました。カラスを飼育できるという点のみで大学を選び、文学部心理学専攻という所属にもかかわらず、ひたすらハシブトガラスを対象として、実験室と野外でコミュニケーションの研究をしてきました。ずっとカラスたちと過ごしてきましたが、2016年4月よりバードリサーチに加えていただきました。
カラスしか目に入らない生き方をしてきたのでいろいろと人間的にも心配ですが、お役に立てるように頑張ります。趣味はカラスグッズの収集制作、二輪車です。

     



平野敏明
生来の出不精からかそれとも学生時代にのめり込んだセグロセキレイのせいなのか、もっぱら身近な鳥たちを観察しています。特に、生息環境と鳥とのかかわりに興味を持ち、アマチュアの立場で調査を行なっています。ここ10数年はツミやチュウヒ類、サシバの生息状況や環境利用を調べるかたわら、かつて栃木県に普通に生息していたオオジシギやヒクイナ、ホオアカなどの生息状況の変化を調べています。4、5年前から英国のBTOの会員になり、その活動内容をうらやましく思っていた矢先、バードリサーチの話があり、仲間に加えていただきました。めざすは、スズメをレッドデータブックに載せること??




黒沢令子
東京の郊外生まれ。仕事で都心に暮らすうちに、東京の砂漠状態に「これでいいのか?!」と疑問がわく。幼い頃に自然を愛する目を養ってくれた小鳥達のことを思い出し、もっと彼らを知りたい、近づきたいと思ううちに研究者の道へ転向。大学院では、どの鳥はどこにすんでいて、なぜその群集として共存できるのか?という環境利用と多様性をテーマにした。興味のある鳥は順に、カラス、スズメ、ハヤブサ。翻訳書「よみがえった野鳥の楽園(1995)」、「フィンチの嘴(共訳)(2001)」、「鳥達に明日はあるか(2003)」、「鳥の起源と進化(2004)」など。




三上かつら
鳥を見始めたのは大学に入ってからです。先輩や知人の調査研究に顔を突っ込み足を突っ込んでいるうち鳥を研究したくなり、生態学の研究室に所属しました。その後、ソウシチョウ、ゴウシュウマルハシ(オーストラリア)、鳥から離れてアナグマの研究をしました。一番長く研究したのは、大学院生の時のシジュウカラです。毎日脚立片手に巣箱を見回り、浮気や血縁関係を調べました。大学を離れてからは東京の建設コンサルタント会社に在籍して、鳥をめぐる色々な価値観に出会ってきました。そしてこのたび家庭の事情で岩手県に移住。自然豊富な岩手から鳥と人と山と海と空とのつながりを捉え、発信してきたいと思います。





奴賀俊光
大学では鳥類を専門とする研究室ではなかったのですが、ミユビシギの採食生態、イソヒヨドリの繁殖生態等を研究してきました。社会人になってからは、働きながらコアジサシの保全活動を行ってきました。陸域の建設コンサルタント会社で3年、海域の建設コンサルタント会社で5年働いてきましたが、もっと鳥類に関係する仕事に就きたいと思い、2015年4月からバードリサーチに加えていただきました。
砂浜海岸という森林や干潟等よりも人気が無く(?)、知見も少ない環境をフィールドとしてきたので、その経験を活かし、砂浜にかかわる仕事ができればと思っています。

     

最近の論文リスト


堀江明香
中学生の頃に美術の時間に描かされた「10年後の自分像」。思い立った動機はよく覚えていませんが、博物学者になっている自分を描きました。その絵を描いてから10年後、大学の卒業研究でメジロの研究を始めました。さらにそこから約10年。今も一貫してメジロの研究を続けています。バードリサーチでは一般参加型のさえずり調査「メジロとランチ♪」をやらせていただき、メジロの子育て戦略が地域でどのくらい違うのか、みなさんと一緒にデータを集めています。生き物の生態や行動、形質には秘められた謎がたくさんあります。ぜひ、ひとつひとつ調べて、情報発信していけたらと思っています。





田尻浩伸
日本野鳥の会のレンジャーとして、石川県加賀市の鴨池観察館に勤務しています。数年前の冬の夕方、鴨池上空を飛ぶ雲のような鳥の群を観察し、「あれは一体何だ?」と思ったのがトモエガモとの出会いでした。以降、トモエガモを中心に、カモの保全に役に立つ(と、自分では思っている)調査を続けています。ですが、ここ数年鴨池に飛来するトモエガモの数が少なく、ボランティアのおじさんに「発信器なんかつけたからや~」とからかわれてます。バードリサーチでは、そろそろまじめにカワウの勉強して、カワウをはじめとする石川県の鳥類の生息状況調査に協力しようかなー、と思っています。




福田佳弘
大阪府大阪市生まれ。高校 1年生から日本野鳥の会・大阪支部に入会し、探鳥会に参加していました。大学生になってからは、ウトナイ湖サンクチュアリのボランティアとして活動をし、卒業後、88年から3年間日本野鳥の会レンジャーとして、Keep清里サンクチュアリ・石川県加賀市鴨池観察館・東京港野鳥公園に勤務しました。退団後、1991年から96年まで天売島でウミラスを中心に海鳥調査と小鳥類とウトウ・ウミネコ・オオセグロカモメのバンディングを行ない、1997年から知床のウトロに移住しマダラウミスズメとケイマフリの調査を行なっています。2003年からは北方領土ビザなし専門家訪問団の一員として択捉島・国後島・色丹島で海鳥の調査を行ないました。バードリサーチと協力して海鳥の保護が少しでも進められればと思っています。




藤田薫
20年ほど,日本野鳥の会のレンジャーとして横浜自然観察の森に勤務していました。その間に,三宅島で大きな噴火が。それをきっかけに,多くの方と協力して,伊豆諸島で鳥(主にヤマガラ)の調査を始めました。その結果を,東邦大学の訪問研究員として,今,解析中です。進化の教科書にも載ってるみたいな島の鳥のあれこれ,少しずつまとめていきたいと思っています。写真は,幼児向けの観察会(しあわせな時間...)。