季節前線シギチドリ| バードリサーチ / Bird Research

プロジェクト紹介

季節前線シギチドリ


シギ・チドリ類はどのように渡っているか


◯2018年春の調査結果◯

 図は2018年の初認記録(●)とこれまでの地域の平均記録(2012-2018年)を示しています(■のメッシュ)。
 3月以前と、4-5月は10日毎、6月以降とに色分けしました。
 青いほど早い春で、赤いほど遅い春です。〇とメッシュの色の違いが例年との観察時期の差です。
 BRニュースレターにも関連記事があります。こちら
   
-----------------------------------------------------------------------------------------

 ・ムナグロ(Pluvialis fulva)



 ・トウネン(Calidris ruficollis)


 ・メダイチドリ(Charadrius mongolus)


 ・アオアシシギ(Tringa nebularia)


 ・キョウジョシギ(Arenaria interpres)


 ・チュウシャクシギ(Numenius phaeopus)


 ・キアシシギ(Heteroscelus brevipes)


 ・オオソリハシシギ(Limosa lapponica)



お問い合わせ先


 季節前線シギチドリ調査についてのご質問は、バードリサーチの守屋
)へお問い合わせ下さい。