【NEW】2017-18年度の冬の調査は、2018年2月4日(日曜日)に行ないます。参加調査サイトでは、見学や補助など一緒に調査してくれる人を募集してます(できないところもあります)。ご興味のある方は、守屋(moriya(@)bird-research.jp 【カッコを外してください】)までご連絡ください。
 
2018/2/4 Sunday コアタイム13:00-14:00

2016年秋の調査の参加調査サイト

調査サイト 調査の担当者(調整中)
多摩川河口(六郷干潟)  
三番瀬 田久保さん
葛西臨海/海浜公園 葛西臨海公園・鳥類園Ⅱ(ブログ) 中村さん・葛西野鳥園スタッフ
谷津干潟 谷津干潟自然観察センター 星野さん・石川さん
森ヶ崎の鼻 森ヶ崎で活動するNPOリトルターン・プロジェクト(ブログ) 松村さん
中央防波堤・外側埋立地 立ち入り制限地域のため参加募集してません。m(_ _)m 三間さん
行徳鳥獣保護区 行徳野鳥観察舎日誌(ブログ) 佐藤さん
行徳海岸(塩浜海岸) 三木さん
浦安  
いなげの浜 大島さん
富津海岸 箕輪さん
江戸川放水路 鈴木さん
東京港野鳥公園 東京都立東京港野鳥公園 森さん・東京港野鳥公園スタッフ
盤洲干潟  
幕張の浜  
大井埠頭中央海浜公園
TOP

調査の方法

調査対象 シギ・チドリ類
 (チドリ目チドリ科・ミヤコドリ科・セイタカシギ科・シギ科・レンカク科・タマシギ科・ミフウズラ科・ツバメチドリ科)
調査方法 双眼鏡・望遠鏡を使って目で見て、シギチドリ類を数えます。多い時はカウンターを使います。
調査日、調査時間、調査場所、調査参加者、鳥の種、個体数を記録します。
調査風景や環境の写真を(できれば)撮ります。   参考:シギチ調査用紙A3版
調査時間 1.コアタイムの個体数:一斉調査日のコアタイム(干潮前後30分の約1時間)の記録。
2.一斉調査日の最大数個体数:コアタイム外の時間も記録できるだけカウントし、各種の最大個体数を記録。
調査場所 東京湾内湾(富津岬-観音崎ラインから内側)のどこでも、ただし重ならないように事前に調整します
結果の公開方法 調査終了後とりまとめを行い、ホームページ、メーリングリスト、フェイスブックなどで報告します。
報告会が開かれることもあります。
その他 少々の荒天では実行します。
中止の場合は、前日までに判断します。メールなど事前にご連絡いただければ、直接ご連絡します。
調査の主担当をしていただくカウンターの方には、ご希望があれば、TokyoBay Shorebirds Survey腕章をお届けします。
連絡先 守屋年史(NPO法人バードリサーチ) moriya(@)bird-research.jp 【カッコを外してください】
TOP

一緒にカウントしてくれる人募集

いろいろな参加の仕方があります。 調査詳細は、調査時期が近づくとホームページ・MLなどでお知らせします。
迷っている方もとりあえず、メーリングリストへ入ってみましょう!ご連絡ください。
シギチドリ カウンター 単独で調査ができる方 - どこか調査地をお任せしたい!
アシスタント 調査の補助をしてくれる方 ‐ 鳥がめちゃくちゃ多い時、助かります。
オブザーバー 調査の様子を現地で見学したい方、シギ・チドリ類を見てみたい方内 - カウンターが優しく?指導。
サポーター 現地調査に参加できないが、とりあえずメーリングリストに参加したい方 - 気にしてください
TOP