イベント情報


第14回バードリサーチ大会のお知らせ


 バードリサーチでは、会員の集いとして毎年バードリサーチ大会と銘打って研究集会を開いており、今年は福岡県福岡市で開催します。
 例年の大会同様、会員・参加者の皆さんからの口頭発表とポスター発表も募集します。ご自身の調査結果を発表してくださる方は、大会参加申し込みの際に、送信フォームに発表タイトルなどの必要事項をご記入ください。発表予定の方と懇親会参加予定の方は、必ず事前申し込みをお願いします。その他の方は当日参加も可能ですが、人数把握のため、事前申し込みにご協力いただけると助かります。みなさまのご参加をお待ちしております。

口頭・ポスター発表希望の方は11/1(金)まで、懇親会は11/15(金)までに参加申し込みをお済ませください。



非会員の方は、会費無料の会員区分もありますので、是非この機会にご入会ください。


主 催
 認定NPO法人バードリサーチ

日 時
 研究集会 2019年 11月23日(土)11:00 ~ 17:30(参加費無料 受付10:30~)
 懇親会 同日19:00~21:30
 (ミライザカ九大学研都市駅で開催予定:4000円程度。)

会 場
  九州大学伊都キャンパスセンター2号館2204(基調講演、口頭発表)、2205(ポスター発表)
  〒819-0395 福岡市西区元岡744

[Google Mapで場所を確認する]

交通案内  
電車の場合は、JR筑肥線・九大学研都市駅で降りて3番乗り場又は4番乗り場からバスに乗って、「九大ビッグオレンジ」で降りてください。
バスの本数はあまり多くないのでご注意ください。
バスの時刻表はこちら。


自家用車の場合は、九大ビッグオレンジ前にある守衛所で手続き後、センターゾーン立体駐車場に駐車してください。

駐車場を利用する場合、参加費とは別で入構料300円をお支払いして頂くことになりますので、予めご了承願います。

センターゾーン立体駐車場の場所はこちら



その他
昼食ですが、会場の近くにローソンや飲食店があります。
2206室が休憩室となっております。飲食可能ですが、ゴミはお持ち帰り頂きますようお願いします。
宿泊は各自で手配をお願いします。


プログラム(予定です。随時修正します)
10:30      開場
11:00~12:00 基調講演
13:00~14:20 口頭発表
14:30~16:00 ポスター発表
16:10~17:30 口頭発表
19:00~21:30 懇親会
21:30      閉会

口頭発表は(15分+質疑5分)でご準備ください。
ポスターはA0サイズ(横840mm x 縦1200mm)でご用意ください。
貼りつけには、テープやはがせる粘着剤を会場にご用意します。




基調講演
渡り性猛禽類の移動に気象がおよぼす影響:現在そして未来
演者:山口典之 氏(長崎大学総合生産科学域)

渡り鳥の移動経路や移動時期は、天候や風況などの気象条件に大きく左右されることがバードウォッチャーの皆様にも経験的によく知られています。なかでも帆翔と滑空による飛行を得意とする渡り性猛禽類は、風の恩恵を受けて渡りをなしとげていると言っても過言ではありません。今回の講演では、日本の渡り性猛禽類の代表格であるハチクマ、そしてサシバの渡り、特に東シナ海域や琉球列島域の渡り経路と気象との関係について得られた研究成果を紹介します。また、西日本では稀な渡来者であるケアシノスリの春の渡りの際の移動パターンと気象、特に積雪状況との関係について紹介します。温暖化にともなう気候変動は、これらの鳥たちの渡りに影響をおよぼしていると思われます。彼らの渡りは、近い将来、どうなってしまうのでしょうか。様々な渡り鳥が温暖化から受けている影響については、多くの研究がなされています。その概要を紹介します。そしてハチクマを対象にして、東シナ海域の秋の渡り経路がどうなるか将来予測をした研究結果を紹介します。最後に、渡り鳥の渡り経路や移動パターンの状況把握に市民科学がどう貢献できるかについて話します。


口頭発表

全国鳥類繁殖分布調査でわかった日本の鳥の現状と変化 <植田睦之>
2016年からスタートした全国鳥類繁殖分布調査はこれまでに全コースの86%以上のコースの調査が終了しました。ここまでの結果を1990年代に行なわれた調査結果と比較するとで,全国的に小型の魚食性の鳥が減少し,大型の魚食性の鳥や森林性の鳥が増加していることがわかってきました。九州でも全国と同様の傾向が見られています。異なっていたのは,全国的に見るとやや増加傾向にあるセンダイムシクイが大きく減少している点で,それに伴い,センダイムシクイに托卵するツツドリも減少していました。

本州のハジロ属潜水ガモ類の減少と有明海北部での増加 <神山和夫>
環境省が実施しているガンカモ類の生息調査の記録(1996 年1 月~2018 年1 月)を分析したところ、ハジロ属の潜水ガモであるホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモが減少傾向にあることが分かった。最も減少が大きいのはホシハジロで、1996 年の178,678 羽から2018 年には96,218 羽まで減少した。キンクロハジロは2004 年の121,288 羽がピークで、2018 年には64,157 羽まで減少した。スズガモは2006 年の269,105 羽をピークに2018 年には152,401 羽まで減少した。いずれの種も主要な生息地で大幅に減少した後に別の生息地で小幅な増加が見られるため、環境の悪化などにより生息地を移動したことが考えられる。一方、本州各地の生息地で個体数が減少している反面、諫早湾や佐賀県の干拓地周辺で個体数が増加しており、本州から個体が移動した可能性も考えられる。

防鳥ネットがあっても野鳥はハス田に出入りする <内田 初江>
昼間,防鳥ネットで囲まれたハス田で遊泳するカモたち。夜間,天井ネットを通過してハス田に入り,また通過してハス田を後にするカモたち。カモが出入りするのでは,防鳥ネットとしての機能は果たされない。実際の防鳥ネットには,数多くの穴や目合いのズレがあり,野鳥が,ほぼ自由に出入りしていることがわかった。本報告では,これらの事実と防鳥ネットの無効性について論じる


※11月1日まで募集しております!!


ポスター発表

カモはレンコンを食害するか <境友昭・内田初江>
茨城県ではカモ類によるレンコンの食害が生産量の約4%に及ぶとされており(農水省統計),具体的な食痕の写真も報告されている。我々は,圃場近傍に放棄された屑レンコンを精査し,カモ類の食痕と認められるものは0.1%以下であること,また食害痕と言われているものは,オオバンが放棄レンコンを啄んだ跡であることを確認し,これらの証拠を元に「カモ類がレンコンを食害する」という風説を否定するものである。



※11月1日まで募集しております!!