イベント情報


バードリサーチ設立15周年記念大会のお知らせ


 バードリサーチでは、会員の集いとして毎年バードリサーチ大会と銘打って研究集会を開いていますが、今年は設立15周年にあたります。基調講演は、鈴木俊貴さんにカラ類における音声コミュニケーションの研究と言語の進化などについてお話しいただけるようお願いしています。また、調査研究支援プロジェクトの第2回目のバードリサーチ賞を受賞された2つの研究について、受賞講演も予定しています。
 例年の大会同様、会員・参加者の皆さんからの口頭発表とポスター発表も募集します。ご自身の調査結果を発表してくださる方は、大会参加申し込みの際に、送信フォームに発表タイトルなどの必要事項をご記入ください。発表予定の方と懇親会参加予定の方は、必ず事前申し込みをお願いします。その他の方は当日参加も可能ですが、人数把握のため、事前申し込みにご協力いただけると助かります。みなさまのご参加をお待ちしております。

口頭・ポスター発表希望の方は10/9(火)まで、懇親会は10/23(火)までに参加申し込みをお済ませください。口頭発表は1題20分(発表15分、質疑応答5分)。ポスター発表は適当なサイズで結構です。



非会員の方は、会費無料の会員区分もありますので、是非この機会にご入会ください。


主 催
 認定NPO法人バードリサーチ

日 時
 研究集会 2018年 10月27日(土)11:00 ~ 19:30(参加費無料 受付10:30~)
 懇親会 同日17:30~19:30
 (会場隣接の食堂(マリンカフェ)で開催予定:4000円程度。10/23までにお申し込み下さい)
 宿泊は各自で手配をお願いします。


会 場
  東京海洋大学 越中島キャンパス 越中島会館講堂
  〒135-8533 東京都江東区越中島2-1-6[Google Mapで場所を確認する]

交通案内  
JR線京葉線・武蔵野線 越中島駅(各駅停車のみ)から徒歩約2分。

プログラム(予定です。随時修正します)
10:30      開場
11:00~12:00 基調講演 演者:鈴木俊貴氏
13:00~14:30 ポスター発表 / 展示
14:30~16:00 バードリサーチ賞受賞式・受賞講演
16:00~17:30 口頭発表
17:30~19:30 懇親会
19:30      閉会


基調講演
演者:鈴木俊貴 氏(東京大学 学際科学科)

 鈴木さんは行動生態学、特に鳥の音声コミュニケーションをテーマとして、家禽ではなくシジュウカラやコガラなど、日本の森にふつうにいる鳥たちを対象に、観察と野外実験による研究で世界に打って出ている若手研究者です。その着想やひらめきは、海外の研究者からも高い評価を得ており、ヨーロッパの鳥などにも研究対象を拡大していますが、鳥の行動から「言語の進化」を解明しようとするアプローチにこそ、鈴木さんの研究者魂が込められていると感じています。
 「警戒しろ」という意味を持つ声「ピーツピ」と、「集まれ」という意味を持つ声「ヂヂヂヂ」を正しい順序で組み合わせると「警戒しながら近づけ」という意味を持ち、この声を聞いたシジュウカラは、正しく行動しますが、順序が逆だと反応しないと言います。
 カラ類は混群を作るので、種間でも互いにコミュニケーションをとっていると考えられています。シジュウカラにコガラの「ディーディー」という声を聞かせたら、どう行動するでしょうか?
 身近な鳥の行動の中にある進化の過程を紐解く糸口、それを客観的に示していった実験、今後の研究への展望など、きっと、動画なども交えてわかりやすく話してくれると思います。


バードリサーチ賞 受賞調査研究プラン
※以下は企画段階の内容です。受賞講演では、実際に調査を実施して得られた成果について講演していただきます。(演者の都合により、受賞講演が中止になる場合があります)

大阪府域におけるサシバの生息情況調査 <サシバプロジェクト in 大阪>
サシバは里山に多く生息する鳥ですが、個体数が減少し、環境省のレッドリストでも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。大阪府でも彼らの生息環境が減少し、個体数が減っていると考えられています。この調査研究プランでは、40年前に繁殖状況が調べられている地域を重点的に大勢の参加のもと調査し、現在の繁殖分布を明らかにし、過去との比較やイノシシ除けの電気柵などの影響を調べようとして実施されました。

モズのはやにえは、早口で鳴くための貯食物? <西田有佑>
モズが食物を木の枝などに刺して「はやにえ」を作る行動は何のためにあるのでしょうか。西田さんは、モズが早口で鳴くほどメスを早く獲得できること、他の鳥でコンディションが良いと早口で鳴けるということがあること、モズが繁殖期直前の1月にはやにえをたくさん消費していることから、モズはコンディションを整えて繁殖期に早口で鳴くために、はやにえを作るのではないかと考え、この仮説を検証しました。