モニタリングサイト1000ガンカモ類調査交流会


 モニタリングサイト1000は環境省が実施している事業で、全国に約1000箇所の調査地を設置し、長期的なモニタリングによって生態系の変化を把握することを目的としています。そしてガンカモ類調査は、全国約80サイトの調査地で、現地調査を行う市民、事務局であるバードリサーチ、環境省の協働によって進められています。大分県では、大分市内にある「松岡敷戸のため池群」が調査地に指定されています。
 調査交流会では各地で調査をしている皆さんから最新情報を紹介していただくほか、調査に興味がある方向けの研修会を行います。どなたでも参加していただけますので、ご興味がありましたら、ぜひお越し下さい。

日 時
2017年12月2日(土)
9:30~12:00 ガンカモ調査発表会
13:00~16:00 ガンカモ調査研修会
17:00~19:00 懇親会

発表会と研修会は参加費無料です。当日参加もできますが、準備の都合上、お申し込みいただけると助かります。懇親会は事前のお申し込みが必要です(11月27日(月)まで)。


会 場
きつき生涯学習館(大分県杵築市)
JR杵築駅から「国東行き」か「杵築バスターミナル行き」のバスに乗り、杵築バスターミナル(所要時間15分)で下車。南へ徒歩5分。

調査発表会プログラム(要旨は随時追加します)
■モニタリングサイト1000について

モニタリングサイト1000のについて(発表者未定 環境省生物多様性センター)
モニタリングサイト1000ガンカモ類調査について(NPO法人バードリサーチ)


■大分県のガンカモ類
松岡溜池群のガンカモ調査について 杉浦嘉雄(日本文理大学)

大分県で見られるガンカモ類 江口初男(日本野鳥の会 大分県支部)

カウント数1万羽超えの衝撃!中津干潟に飛来するヨシガモ(和田太一 中津干潟シギ・チドリ類調査グループ・NPO法人南港ウェットランドグループ)
 大分県北部の中津市沿岸に広がる中津干潟は瀬戸内海で最大級の広大な干潟です。近年の調査で中津干潟では毎年ヨシガモが1,500~3,000羽前後越冬することが明らかとなってきており、国内における重要な大規模越冬地であることは間違いありません。また、秋の移動期に中津干潟に大きな群れが飛来することも記録しており、2015年11月22日には10,590羽をカウントするなど、中津干潟は渡り途中の重要な寄留地となっている可能性があります。ヨシガモは中津干潟に豊富に生える海草コアマモを主食としており、豊かな干潟の存在が国内最大級のヨシガモ越冬群を支えているのでしょう。


中津干潟とヨシガモの雄

全国のガンカモ類
宮崎県一ツ瀬川河口域の環境とガンカモ類(福島英樹 宮崎野生動物研究会)
 一ツ瀬川は、宮崎県の中央部を流れる総延長約90kmの二級河川です。河口域には浅瀬が広がり、干潮時には中洲干潟が形成されます。河口の左岸は漁港があり、河口から北側約3kmに及ぶ入り江になっています。また、右岸には二ツ立調整池があり、更にその周辺にはクルマエビ・ウナギなどの養殖池があります。この多様な水環境のある一ツ瀬川河口域は、秋になるとカモ類を中心に多くの冬鳥が集まる場所となっていいます。2006年10月から2017年5月までの調査で観察された鳥類は160種を超えます。また調査結果から、オナガガモ等の飛来数が急に増加していることや、カモの種類による渡りの時期の特徴等がわかってきました。


二ツ立調整池に集まったガンカモ類の群れ

滋賀県全域のガンカモ調査(植田潤 日本野鳥の会滋賀)

ドローンを利用したガンカモ調査(神山和夫 バードリサーチ)
 湖沼が広くてガンカモ類が遠くにいたり、数千数万羽も飛来するような生息地では、目視調査で個体数を数えることが困難です。そういう場所での新しい調査方法として、ドローンで空撮した写真からガンカモ類を数える方法を実験しています。ガンカモの群れは空からどんなふうに見えているのか、鳥の視点から撮影した写真をご覧ください。


ドローンから空撮したスズガモの群れ

ガンカモ調査研修会

 大分県で見られるカモ類について、初めてカモを観察する方から身近なカモの識別ができる方を対象に、スライドを見ながら識別ポイントを解説します。その後、野外に出てカモの数をカウントする調査の実習を行います。初心者~中級者の方が対象ですので、カモを観察するのが初めてという方も大歓迎ですので、お気軽に参加してください。


問い合わせ

 ガンカモ調査交流会についてのお問い合わせは、バードリサーチの神山和夫()までご連絡ください。