ルリカケスの早春繁殖における餌資源の考察
-ヒナの糞分析および生息環境の動物多様性からの知見-

Bird Research 13: A1-A13


谷 智子・石田 健・高美喜男・森 貴久

 ルリカケス Garrulus lidthi は奄美大島と周辺に生息する固有種で,主に森林と林縁で活動する.多くの場合,1月に造巣,2月中旬に孵化し,営巣活動は6月初めまで続くが,この繁殖開始時期は他の大多数の奄美大島の鳥類よりも早い.繁殖開始を早める戦略は天敵の少ない時期に繁殖することで繁殖成功度を上げるには有利であるが,ヒナを成長させるために必要な餌が繁殖期間を通じて十分に存在する必要がある.本研究では,巣内ビナの糞分析と巣箱周辺の動物相を調査することによってルリカケスが繁殖にどのような餌資源を利用しているかについて推察した.
 ルリカケスが早春繁殖に利用する餌資源を解明するために,2011年2月から5月にかけて鹿児島県奄美大島龍郷町で主として節足動物相調査および巣内ビナの糞分析を行なった.また,ビデオおよびインターバル撮影カメラを用いて巣箱における親鳥の給餌行動を記録した.巣内ビナの給餌物として種類が同定できた節足動物は,昆虫綱は6目(ゴキブリ目,バッタ目,コウチュウ目,シリアゲムシ目,チョウ目,ハチ目),クモ綱は2目(クモ目,ザトウムシ目)であった.奄美大島ではバッタ目,ゴキブリ目,徘徊性のクモ目などが2月から3月に下草の少ない地表面で活動することが確認され,ルリカケスはこれらをヒナに給餌することで2月からの早春繁殖を可能にしていると考えられた.これらの節足動物は,季節による変動はあるものの,ルリカケスの繁殖期間全体でみると個体数が多い,もしくは個体の重量が大きい種であり,餌資源として有効であると考えられた.また5月までの継続調査からルリカケスは繁殖期を通じて特定の動物をヒナに与えるのではなく,2月から5月までの季節の移り変わりと節足動物の状況の変化に応じて採餌する場所,種などを変えていると推測された.

キーワード: ルリカケス,繁殖,食性,節足動物相,餌資源




バードデータチャレンジ:録音音声の種判別における野鳥愛好家・研究者協働の試みとその課題

Bird Research 13: A15-


深澤圭太・三島啓雄・熊田那央・竹中明夫・吉岡明良・勝又聖乃・羽賀淳・久保雄広・玉置雅紀

 筆者らは福島第一原発事故による避難指示区域内外を対象とした録音による鳥類のモニタリング調査を2014年より実施している.研究者と地域住民との対話・得られたデータの透明性確保に資することを目的に,モニタリングで得られた音声データを聞き,鳥類組成のデータを作成する参加型イベント「バードデータチャレンジin福島」を2015年に実施した.イベントに際しては,Webベースの音声再生・種名入力支援ツール「SONO-TORI」,即座に出現種や種判別の進捗状況の可視化を行なうためのシステム「SONO-TORI VIS」を新たに開発し,それらを活用して参加者が楽しみながら録音音声による種判別を進められるよう努めた.当日は定員である30名の参加者が集まり,5つの班に分かれて聞き取り作業を実施した.その結果,計63分の音声データに対して種判別を実施し,23種の鳥類が確認された.作業後のアンケートの結果,参加者の満足度および再訪意欲は高く,これらと参加者間の親睦や鳥類種判別技能の向上とのあいだに高い相関がみられた.今回の取り組みは結果に関する情報共有のありかたや,班ごとに分担する音声データの決め方などについて課題があったものの,録音音声による種判別がイベント形式の市民参加型調査として成立しうる可能性を示したと考えられる.

キーワード: 東日本大震災,市民科学,Citizen Science,録音調査,情報技術,可視化




東京都内湾運河部の人工構造物上で初めて確認されたウミネコの繁殖記録

Bird Research 13: S1-S4


奴賀俊光・小島一幸 ・永友 繁・前川真紀子

 2015年と2016年に東京都内湾運河部の防衝杭上でウミネコの繁殖を確認した.2015年6月18日にヒナを,2016年5月10日には同じ場所で3卵の巣を2巣確認し,周囲に10〜20巣程度あると考えられた.5月18日にはヒナを確認し,6月24日には16羽の幼鳥を確認した.過去の繁殖記録から,ウミネコは内陸部から海岸部へ徐々に営巣地を移し,当地で営巣するようになったと考えられる.

キーワード: ウミネコ,繁殖,東京湾,防衝杭





水位変動がオオハクチョウの採食場所選択に及ぼす影響

Bird Research 13: S5-


嶋田哲郎・植田健稔・星 雅俊・森 晃

 宮城県北部の伊豆沼・内沼において,水位変動に応じたオオハクチョウの採食場所選択が 2008〜2009年の越冬期に調査された.21回の調査で,186〜1,239羽のオオハクチョウが記録され,平均645羽であった.オオハクチョウの採食場所であるハス群落,水田,マコモ群落,給餌場での採食個体数と水位変動との関係をみると,水位が上昇するにつれてハス群落とマコモ群落における採食個体の割合が有意に減少した一方で,水田における採食個体の割合が有意に増加した.

キーワード: オオハクチョウ,水田,水位変動,ハス群落




青森県下北地方におけるイスカの営巣環境と繁殖行動の季節性

Bird Research 13: S11-


蛯名純一・三上かつら

 日本で繁殖するイスカ Loxia curvirostra については,その繁殖の詳細についての報告が少ない.今回,下北半島の繁殖個体群において,本種の営巣環境および繁殖行動の季節性について知見が得られた.標識個体の観察の蓄積から,当地のイスカは定住繁殖していることを再確認した.ただし,球果が不作だった2012/2013シーズンには巣および繁殖行動は発見されなかったことから,海外のイスカ同様,日和見的繁殖を行なっていると考えられる.2010/2011から2015/2016のあいだの6シーズンに発見した20巣はいずれもクロマツ Pinus thunbergii の林の林縁部にあり,巣はいずれも8-18.4mの高いところに架けられていた.主な繁殖期は11月から4月だったが,これは営巣林であるクロマツの球果の成熟に適応したものと考えられる.

キーワード: イスカ,営巣,クロマツ,繁殖行動