TOP > 活動紹介> 水鳥モニタリング > ガンカモ類調査 > こぶはくウォッチ


調査の目的 分布調査方法 分布調査入力 分布成果報告
こぶはくについて 個体調査方法 個体調査入力 個体成果報告



コブハクチョウについて

コブハクチョウ

 コブハクチョウは、日本で見ることができるハクチョウのうちの一種です。 オオハクチョウやコハクチョウと同じように全身白色ですが、赤みを帯びたくちばし、目の前の色、鼻の孔の周りの色、そして名前の由来である"こぶ"があり、ずいぶんと顔は違います。
コブハクチョウ コブハクチョウのかお コハクチョウのかお
コブハクチョウの成鳥
コブハクチョウの顔
(比較)
コハクチョウの顔
 コブハクチョウは英名をMute Swanというように他のハクチョウとくらべると、ほとんど鳴くことはありません。
 ※「mute」は「無言、声を出さない」という意味。

Polish Swan

 コブハクチョウには、「本来のコブハクチョウ」と、「Polish Swan」と呼ばれる二種類がいます。 この二種類は、目の周りの色や、水かきの色が違います。
黒水かき 白水かき
黒色(本来)
白色(Polish Swan)
 とくに幼鳥期は、二種類のいずれであるかを見分けることは簡単です。本来の幼鳥の羽とくちばしの色が灰色なのに対し、Polish Swanの個体は羽は白く、くちばしは肌色です。
黒幼鳥 白幼鳥
黒色(本来)幼鳥
白色(Ploish Swan)幼鳥

個体の特徴

 ほかのハクチョウと比べたときのコブハクチョウの顔の特徴である「くちばしと黒い部分の境目の形」、「鼻の孔の黒い部分の長さ」、そして「こぶの大きさ」は、バリエーションがあって、それぞれの個体ごとに違っているようです。

・くちばしの境目の形
フラット
中央部
下部
そばかす
フラット
中央部に凸
下部に凹
そばかす

・鼻の孔の黒い部分の長さ
鼻孔短
鼻孔長
鼻孔の黒い部分: 短

・こぶの大きさ
こぶ小
こぶ大
こぶの大きさ:小



調査の目的 分布調査方法 分布調査入力 分布成果報告
こぶはくについて 個体調査方法 個体調査入力 個体成果報告